column

正しく測る方法 -その1-


安静な状態で基礎体温を測る

基礎体温を正しく測るにはどうしたらよいのでしょうか?
体温は、特に基礎体温のような細かい温度を測るには、安静にした状態で測るようにします。測る時間帯で一番適している時は、朝目覚めたときです。そして、毎日同じ時間に、そのまま寝ている状態で測かります。動いた状態では体温は上昇、正しい体温を測ることはできません。
そして、基礎体温を測るには細かい目盛りがついている「婦人体温計」という体温計を使用します。
正しく測定するために
・ 朝目覚めたらすぐに測る
・ 毎日同じ時刻に測定する
・ 口の中で測る
なぜ朝がよいのか?これはカラダが一番安静にしている状態、運動などしていない、またはその後でもない状態の時です。そして、体の内部である内臓が休んでいる状態で測る体温が正しい体温を測るコツです。
また、口の中で測るのが基礎体温の特徴です。舌の下にはさみこみしばらく動かず辛抱します。

その日の状態を記す

基礎体温を測るときにその日体調に変化があったことを記します。オリモノの量、出血量、胸の張りの違い、腹痛など女性特有の変化は見逃さず細かく簡単に記しておきます。
基礎体温や体調の変化から妊娠しやすい時を見極めたり、女性の病気などを発症しているかどうかを知ることができるなど、基礎体温は女性にとって大切な体調の変化を知ることができます。


基礎体温の知識 生理の悩みを90日で緩和する方法 推奨マカサプリ